artandmovie graph dictio

Welcome! 私がnetでcomment(論評)を記した方をmainに書いています。(随時追加)

「ローマの休日」 Roman Holiday 関連記事集

🔶 映画『ローマの休日』 Roman Holiday
2016/6/10(金) 午後 1:00

映画『ローマの休日』 Roman Holiday 1953年米パラマウント
製作・監督ウィリアム・ワイラー
出演オードリー・ヘプバーン(王女アン)、グレゴリー・ペック(新聞記者ジョー)、エディ・アルバート(同僚記者)ほか。
原案・脚本(共同)ダルトン・トランボ(クレジット無し)。脚本(共同)イアン・マクレラン・ハンター、ジョン・ディントン。

素の表情から選ばれたヘプバーンhttp://blog.goo.ne.jp/midorikawa-0012000/e/e82ef1f6ce097acd75425980e361a5db
McCarthyismとの関係http://cinema.pia.co.jp/com/2791/979916/
(〔参考資料〕授賞式のエリア・カザン監督http://www10.plala.or.jp/shosuzki/edit/eliakazan.htmこのアカデミー賞授賞式をテレビで見たが、〔スコセッシ監督やデ・ニーロ氏達の優しい感じとは、また別の次元で〕ハリウッド映画人が『赤狩り』への今なお〔或いは、時が経つ程?〕根強い反感を次々と示している姿が、とても印象に残った。
大写しにされた撮影現場の写真でのカザン監督の背後に、極めて険しい目付きで斜め前方を睨むスタッフの頭半分程がフレームインし、
画像の効果として、反感の表出に似た印象が漂って来るのを見て、慄然となった。)


〔ヘプバーン関連〕オードリー・ヘプバーン Audrey Hepburn が1948年にコーラスガールの一人として出演した舞台『ハイ・ボタン・シューズ』 High Button Shoes 。振付は舞台・映画『ウエスト・サイド物語』の原案・監督・振付のジェローム・ロビンズ。英語解説https://en.m.wikipedia.org/wiki/High_Button_Shoes当時のパンフレット写真などhttp://audreyhepburn.ko-co.jp/e276094.htmlオーディション写真ありhttp://www.vintag.es/2014/11/rare-photos-of-young-audrey-hepburn.html

♯ロビンス ♯ウエストサイド

🔶 『ローマの休日』関連リンクス
2016/6/13(月) 午後 2:50

(『ローマの休日』等の関連資料)

オードリー・ヘプバーンの、舞台『ハイ・ボタン・シューズ』出演(1948~1949)当時の写真http://rareaudreyhepburn.com/post/69309680417/audrey-hepburn-during-auditions-for-high-button

McCarthyism, Red Purge『赤狩り』当時の自殺者、俳優フィリップ・レーブ Philip Loeb https://en.m.wikipedia.org/wiki/Philip_Loeb (この記事は検索しても、レーブのスペルが当初わからなかったので、なかなか出ませんでした。)


🔷
上の記事は、2019年12月にサービスが終了されるYahoo!ブログで、かつて発表したものです。
Yahoo!ブログはブログの移転を勧めていますが、私はYahoo!ブログへのログインが成らない等の事情ゆえに、
私からも見ることが可能な公開の記事毎に、ここへコピーしています (若干の修正有り)。

このブログでの記事枠の年月日はYahooブログでの発表年月日に準じて、ここへのコピー時に設定したものであります。
複数の記事をつないでコピーしている場合は、先に書かれた記事の年月日に準じています。