artandmovie graph dictio

Welcome! 私がnetでcomment(論評)を記した方をmainに書いています。(随時追加)

連続アニメ『化物語』 Ghostory

🔶 - 2016/1/25(月) 午前 0:01

連続アニメ『化物語』 Ghostory 2009年-2010年

加藤英美里さんの『嗚咽』も名演だなあ。
話の展開も画も音楽も絶妙。ある種、意外性で泣かせる。

堀江由衣さんが演じられる羽川翼さんも大役だなあ。まさに千両役者の演技力。
猫絡みの別人格キャラは、堀江由衣さん演じる『ペルソナ』Persona シリーズの千枝ちゃんなどでの全く別の感じからの期待に違わぬ凄まじさ。

エンディングの、曲もイラストの演出も回を重ねる毎に、ああそういうことか、と良さが段々わかってくる。
斎藤千和さん演じる戦場ヶ原ひたぎさんと、神谷浩史さん演じる阿良々木暦さんが仰向けに並んで横になり見つめる星空にパンニングしたまま、曲が流れて終る回など。
これに感涙してるTweetが意外に?多い。
首をかしげながら何度か言葉を言い直すなど、強がっているけれどひた向きで純粋な、斎藤千和さんが優美に演じる戦場ヶ原の語り方と、神谷浩史さん演じる暦のあざやかな語り口もあって、たしかに心に残るシーンとなっている。)
タイトルには出てないけどEDのボーカルは、やなぎなぎさんでしたか。
こういう主題曲のシンガーって上手い人が多い。
声優、スタッフのスペックの高さと釣り合っている。
高い融合度が曲・詞・歌唱・演奏の間にあり、
剽逸かつペーソスのあるウエダハジメさんのイラスト、そして作品世界全体にもよくあってる。

GhostoryEnglishExplanationhttp://blogsuki.com/archives/2009/07/12/3075/

映画『傷物語』会見http://www.animate.tv/news/details.php?id=1452235725&_msid=7q2le99v6kacj85j3gj32hges7

連続アニメ『終物語』2015年、小山力也さん演じる男がバリトンで笑いながら走ってたが、安永航一郎さんの劇画を思い出した(短編。逃げる虎を、全く笑ってない目を輝かせ『ワハハハハ!ワハハハハ!』と哄笑しつつ屏風を抱えて追い回す、マッチョな坊さん。『終物語』とは全く違うが)。

喜多村英梨さん、井口裕香さんコンビの予告編、『化物語』からあるんだなぁ。早口の滑舌がすごいな。



〈物語〉シリーズ



🔷
上の記事は、2019年12月にサービスが終了されるYahoo!ブログで、かつて発表したものです。
Yahoo!ブログはブログの移転を勧めていますが、私はYahoo!ブログへのログインが成らない等の事情で、
Evernoteにクリップ (コピー) したものを、ここへコピーしています (若干の修正有り)。

このブログでの記事枠の年月日はYahooブログでの発表年月日に準じて、ここへのコピー時に設定したものであります。