artandmovie graph dictio

Welcome! 私がnetでcomment(論評)を記した方をmainに書いています。(随時追加)

映画『魔女の宅急便』やってたのか

🔶 2016/1/22(金) 午後 10:29

『魔女宅』やってたのか!

最近新聞やTVガイドを読んでないからなあ。ネットばかり見てるとかえって世の中のながれがわからなくなる。
サッカーがウラだと、客層がダブりそうな『エクスペンダブルズ』などはやらないってことかも? と思ってたら何これ?https://mobile.twitter.com/soudan_exp/status/690515874738864129?p=v

魔女の宅急便』(1989年 宮崎駿監督)、画質の保存状態がやや良い感じ。

〈物語〉シリーズでも名高い渡辺明夫さん(連続アニメ『化物語』2009年 『終物語』2015年 などのキャラクターデザイン、総作画監督。劇場アニメ『傷物語』2016年 公開中 のキャラクターデザイン)が、この『魔女の宅急便』で動画を担当されている。

主演のキキと若い女性画家との二役の高山みなみさん、相棒の黒猫役の佐久間レイさん(1987年の連続アニメ『愛の若草物語』〔隠れた?名作〕の元気な四女エイミーが記憶に残る)、さらに山口勝平さん、戸田恵子さん、信沢三恵子さん(キキの母。1978年『未来少年コナン』ヒロイン)など、
(次作『紅の豚』1992年 のヒロインの一人、岡村明美さん〔当時は新人との触れ込み〕も含めて)ある程度この頃の宮崎さんのアニメは、其時々のスターアニメ声優を主演級に据えて、日本アニメのtrendとのmatchingを見せていた観もある。
関心を引くのは、1986年の宮崎アニメ『天空の城ラピュタ』 セリフが、今聞くと極めてリアルでありますが、それに(1989年からの高橋留美子さん原作の連続アニメ『らんま1/2』の主演〔「女らんま」役〕でスターとなった)林原めぐみさんが、言わば当時の『次なるスター』を先取りされたかのごとく、新人で出ておられることであります(出演者タイトルの一番最後にお名前が出てくる)。
1984年の『風の谷のナウシカ』で、『サザエさん』二代目カツオの冨永みーなさんがワンシーン、息絶える捕虜の王女役で魅力的な演技を為さっているのも想い出す。
『らんま1/2』には、同じく主演の「男らんま」役で山口勝平さん、ヒロインの天道あかね役に日高のり子さん(『となりのトトロ』のヒロイン、さつきお姉ちゃん)、その姉(次女)に高山みなみさん等が出演されてます(長女は井上喜久子さん)。


🔷
上の記事は、2019年12月にサービスが終了されるYahoo!ブログで、かつて発表したものです。
Yahoo!ブログはブログの移転を勧めていますが、私はYahoo!ブログへのログインが成らない等の事情で、
ここへコピーしています (若干の修正有り)。

このブログでの記事枠の年月日はYahooブログでの発表年月日に準じて、ここへのコピー時に設定したものであります。