artandmovie graph dictio

Welcome! 私がnetでcomment(論評)を記した方をmainに書いています。(随時追加)

映画『雨に唄えば』 Singin' in the Rain / 『雨に唄えば』発音の先生など

🔶 映画『雨に唄えば』 Singin' in the Rain
2015/6/2(火) 午後 4:20

先日NHKBSで放送の、映画『雨に唄えば』Singin' in the Rain 1952年 米 MGM制作。
ダンスナンバーのシーンでも、バストショットに寄った直後フルショットにタイミング良く戻り、ダンスを明確にとらえる感じが、さりげないがウェルメイド。

ダンスが柔らかく達者すぎて、主演・監督(スタンリー・ドーネン氏(1924.4-)と共同監督)のジーン・ケリー氏(1912.8-1996.2)さえをも喰ってしまいそうなドナルド・オコナー氏(1925.8-2003.9)の隣で踊りながらもケリー氏はダンスの中に、(全体が流麗でスタスタと軽妙なオコナー氏の名人芸とはまた異なる)スピーディーでダイナミックな、明確に見る者に打ち込んでくるポイントを織り込み、『主演』『ミュージカルスター』ならではの位相を見せている。
名作映画、王道のハリウッド・メジャー映画は、なにごとも『はずさない』印象だ。
ちょっとした仕草がしっかりした軸を持ちながら粋な、ジーン・ケリーの資質もあろう。

往年のハリウッド女優的なスマートな佇まいながら、両氏の間で違和感無く踊って唄うデビー・レイノルズ氏(1932-)が不思議な存在だ。歌手というから、舞台のミュージカル、ヴォードヴィル出身かと思っていたが、どういう経歴をお持ちなんだろう。
三人のタップの台所の一角からの出だしが足下を見ながら自然に入っていく点が、アメリカのミュージカルが決して一筋縄ではない繊細な感覚で成り立っている実例だ。

トーキーについて行けない女優を演じたジーン・ヘーゲン氏は実はこの映画でアカデミー助演女優賞にノミネートされた実力派で、技量が当時からどれ程認識されていたかが興味深い。
ラストの振り向き方は、作中人物の心理としては『恐る恐る』故か、ゆっくりと弧を描いて(この場合は)二度見を行わない、演者の技巧よりはストーリーに集中させる、結果簡潔かつ誇張のないハリウッド的演技となっている。

シド・シャーリーズ氏の、長身を見せて行く踊り方は、バレエ的手足の動きが感情の表出にもなっているのがさすがで、確実に名作映画の質を形成している。

ウィキペディアhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A8%E3%81%AB%E5%94%84%E3%81%88%E3%81%B0

この記事にNice 4人



🔶 『雨に唄えば』発音の先生など
2015/6/6(土) 午後 5:39

雨に唄えば』Moses Supposesの場面で発音の先生を演じたボビー・ワトソン氏。反ナチ映画でヒトラー役を何本も演じられたそうです。『雨に唄えば』の後にも演じられてます。
参照・Wikipedia英語版 "Singin' in the Rain" http://en.wikipedia.org/wiki/Singin%27_in_the_Rain_(film) の(私の機種では)2ページ目のBobbyWatson の項目をクリックすると出ます。

リタ・モレノ氏にも、当初この映画で唄う曲があったんですね。
多くの役にかなり有名なモデルがいると聞くと関心が高まる。

私は舞台版のロンドン公演のオーディオテープやコール・ポーター作曲集をよく聞いてたが、映画でドナルド・オコナー氏が壁を走る"Make'em Laugh"は、ポーター作曲"Be a Clown"(舞台版ではこの曲が使われてる)のアレンジかと思ってた。

("Be a Clown"はケリー主演〔ヒーロー〕映画『踊る海賊』ThePirate 1948年http://en.wikipedia.org/wiki/The_Pirate でアフリカ系の稀代のミュージカルスター、ニコラス・ブラザーズ〔日本語解説。兄が、もう一人の隠れた天才(女性)エレノア・パウエルを最高と讃えているのが泣かせる。http://strongerthanparadise.blog122.fc2.com/blog-entry-34.html〕を両脇に配して踊る場面等で使われた。白人と黒人が踊る初の映画で、一部白人観客は怒り、ブラザーズは一時欧州へ逃げたらしいが、私はこの脇の踊り手と、あの豪快かつ流麗極まるアクロバット、タップの名手が同一人物とわからずに見てたのであります。)

ジーン・ケリーとシド・シャーリーズが踊る場面、たしかに映像が抜けてる箇所がある。チャップリン無声映画などによくあるが『雨に』の場合はダンスがエロチック過ぎたかららしい。完全版が見たくなるじゃないか。

デビー・レイノルズ氏、映画会社に入ってからミュージカルを学んだのか。映画では、もっと年季が入っているように見える。日本語解説http://www.geocities.jp/h2o_classic/d-reynolds.html

この記事にNice 7人



🔷
上の記事は、2019年12月にサービスが終了されるYahoo!ブログで、かつて発表したものです。
Yahoo!ブログはブログの移転を勧めていますが、私はYahoo!ブログへのログインが成らない等の事情ゆえに、
私からも見ることが可能な公開の記事毎に、ここへコピーしています (若干の修正有り)。

このブログでの記事枠の年月日はYahooブログでの発表年月日に準じて、ここへのコピー時に設定したものであります。
複数の記事をつないでコピーしている場合は、先に書かれた記事の年月日に準じています。

🔶
📖 ブログ内関連記事 (「雨に唄えば」のシーン動画有り)
artandmovie.hatenablog.com
📖 ブログ内関連記事 ( ニコラス・ブラザーズの弟フェイアード・ニコラス誕生日。ブラザーズの動画有り )
artandmovie.hatenablog.com
📖 ブログ内関連記事 ( エレノア・パウエルの動画有り )
artandmovie.hatenablog.com


📖 ブログ内記事リスト (検索結果)
artandmovie.hatenablog.com