artandmovie graph dictio

Welcome! 私がnetでcomment(論評)を記した方をmainに書いています。(随時追加)

連続アニメ『おそ松さん』

🔸2016/2/26(金) 午後 4:33

連続アニメ『おそ松さん
原作赤塚不二夫さん(漫画『おそ松くん』)。
監督が、あの『銀魂』の藤田陽一さんだから、路線がわかった気になるし、期待が高まる。
ヒロインのトト子ちゃんも日本の優良コンテンツだなぁ。
私の世代だと第2シリーズの松井菜桜子さんの喜怒哀楽の豹変っぷりが強烈な記憶だが(第1シリーズの白石冬美さんも見たい)、
この第3シリーズの遠藤綾さんの名演技&名作画・展開は、記憶と言うかトラウマレベルの凄絶さだなぁ。
笑えるテーマ曲での、スタッカートきかせまくりの滑舌の良さも声優ならではの名人芸。

前回(20回)は、何故か声優学校のスケバン鬼講師になって、
六つ子たち、『声だけだし』『私たちに丁度いい~』などと言いつつ入って来るおそ松さん達、
(演じるは櫻井孝宏さん、中村悠一さん、神谷浩史さん、福山潤さん、小野大輔さん、入野自由さんら〔Officialの順〕名だたる声優達、)
彼らに『腹から声出せえぃーっ!!』と腹にPunch、『プロをナメんなーっ!!』と、おそ松さんの山を築き、雄叫び?をあげる先生っぷり。

テレビ東京社長『人気の理由は、声優にあるらしい』と御発言https://mobile.twitter.com/u5u/status/702801638256300032?p=v

素晴らしきメンバーhttp://matome.naver.jp/odai/2143661016466116401?guid=on

Officialhttp://osomatsusan.com/

(お笑い学校で指導するイヤミさんの描写に、日本のお笑いの傲慢なスタンスなんて入れなくていいでしょ?
演じさせられる声優さんや描かされるスタッフも迷惑だろう。

テレビショウなどで、浅い、あるいは完全に間違った理解と、狡猾な主観で入り込んでくる『タレント』などに情報や本筋を阻害されて、アナウンサーや視聴者が迷惑することの、拡張を見る感じだ。

声優〔あるいはアナウンサー〕の実技の客観性とは或る意味正反対でもある。)

🔸

アンジーアンジェリーナ・ジョリーさん)の映画シリーズも楽しみ。

(3月6日 addition)

この記事にNice 1人


🔷
上の記事は、2019年12月にサービスが終了されたYahoo!ブログ ( タイトル「Art&Movie Cafe」) で、かつて発表したものです。
Yahoo!ブログはブログの移転を勧めていましたが、私はYahoo!ブログへのログインが成らない等の事情ゆえに、
私からも見ることが可能な公開の記事毎に、ここへコピーしています (若干の修正有り)。

このブログでの記事枠の年月日はYahooブログでの発表年月日に準じて、ここへのコピー時に設定したものであります。